FC2ブログ

KIMONO DRIVE

畳表の下駄補修

こんばんは。
今週もやっと週末を迎えました。
自宅ではキモノに触れることはありませんでしたが
キモノ催事には仕事のあとに行きました。

たま~にネットでお買い物をしている「京都きもの市場」さんの
札幌での催事があったのでちらっと寄ってみたのです。
滞在時間ほんの10分ほどでほんとにちらっとですが。
そしてちゃっかり来店プレゼントだけはもらってきました。
・・・あつかましいオバハンですなあ。

さて、暖かい日も増えてきたので下駄を補修しましたよ。
昨年埼玉ディープツアーに履いていった畳表の下駄が
気づけばえらい状態になっていたのデス↓

畳表破損ビフォー1

畳表破損ビフォー2

歩き方がエレガントではないゆえの惨事でございます。

特に画像1枚目のはもう切れてしまっていて
どうにもならない感じです。
ボンドで多少くっつけるしかできませんけれど
やらないよりはマシかなあと思いまして↓

畳表破損アフター1

画像2枚目のはまあ誤魔化せるくらいにはなりました↓
 
畳表破損アフター2

上から見るとさらに分かりにくいかと↓

畳表破損上から

まあまあ許せる感じにはなったと思います↓

畳表破損終了

ちなみに使ったボンドは今回も裁縫上手でした~

このページのトップへ

八掛の奇跡

いや申し訳ないです。
ものの見事に週刊化してきました、当ブログ。
平日は自宅での余暇時間が2、3時間しかないので
帯練習もできておりません(悲)

もともとキモノを着て素敵な場所へのお出掛けとか
お友達と美味しいランチを食べてきましたとか
そういう華のある記事がない地味なブログのうえに
週末のみの更新。。。

皆様これがあと半年続きますよ(涙)

さて、以前地味かなと思ったけれど結構好評いただいた
黄八丈に縞の木綿帯コーデでは、帯締めを別パターンで
撮った写真もあります。

チカホの彩時嬉さんで買わせていただいた深緑の帯締めを
使ったコーデです。

帯締め緑バージョン前

やっぱり下の写真と比べるとひきしまった感じになりますね。

20190402f

ところでこの黄八丈は胴裏が変色していたため仕立て直しを
したものなのですが、八掛はもともとのものを使っています。
袖口の配色が素晴らしいのですよ。

八掛の奇跡

キモノと一体となったまるで共八掛のような出来上がり。
これを誂えた亡き叔母の着道楽ぶりが伺えるなあと思います。

多分私はその叔母の年齢を追い越してしまったでしょうが
叔母が着られなかった分も70代、80代のおばあちゃんになっても
ずっと着ていきたいと思っています。

このページのトップへ

さすがにもう仕舞っていいかしら

仕事に行きはじめて1週間、すでに負傷しております。。
キングジムの8センチ幅ファイル(中身が書類でぎっちぎち)を
誤って足元に落としてしまい、右足中指が赤紫に。。。

幸い骨は折れていないようなので手作りギプスを巻いています。
手作りギプスってなんだって話ですけど
高級ティッシュ鼻セレブを巻き付けてマステでとめただけ。笑

でもこれ、やるとやらないでは大違いなのです。

そんな足で履けるかどうか分かりませんが
今日は履物の話題です。

3月後半から何度も雪が降ってはとけ、降ってはとけして
いつ仕舞っていいものかと思っていましたが
4月になったことですし、防寒履物をやっと仕舞いました。

防寒ぞうりーず

手前右の防寒草履の鼻緒と台の謎柄は昔買った
輸入プリント布を使って「きものやまと」さんで加工を
お願いしたものです。

冬の履物たちにかわって春からの履物たちを箱から出しました。

下駄~ず

爪皮がない下駄を見ると「あ~春が来たなあ」と思います。
洋装でもブーツからスニーカーにかわるとそう思いますよね。

明日はキモノで選挙に行けるといいなと思います。
もちろん春の履物を履いて。

このページのトップへ

木綿キモノのお手入れ

私は結構木綿キモノを所有しています。
ほとんどネットショップやオークションで入手したリサイクルです。
サイズがちょうどいいのが見つかり、また
競合相手がいないサイズなのでお安く買えます。

でも寸法的にちょうどいいサイズでも着易いものと
あまりうまく着られないものがあるのです。
特に糊が効きすぎているのかこの木綿キモノは
なんだかバリバリして着心地がよくありません。

唐桟縞の木綿キモノ

何度も着用してそろそろ洗う時期かなと思ったので
柔軟剤にたっぷりつける作戦をしてみました。

洗面所のシンクにお湯を入れ、柔軟剤をとかし
本畳みして三つ折りしたキモノをひたします。

柔軟剤に浸し中

ちなみにその前段階でお湯のみで洗ったとき
かなり水がにごりました↓

汚れがでてます

柔軟剤にひたしたあとはすすがず、ネットに入れて
洗濯機で3分ほど脱水し、キモノハンガーで干しました。

バリバリ感は少し和らぎ、寸法は縦方向に3センチほど
横方向にも1.5センチほど縮みました。
さて着姿で変化を見てみましょう。

こちらは作戦前、昨年撮ったものです↓

木綿キモノビフォー

そして作戦後に撮ったものです↓

木綿キモノアフター

・・・あまり変化は見られませんね。
でも着心地はかーなーり良くなりました。
つーか私着付け上達してますな!
着姿がすっきりしましたよねえ!

後ろ姿も

木綿キモノアフター後ろ

いくつになっても成長していけるのですなあ(涙目)

このページのトップへ

改造弐号機でした

昨日のコーデでダイヤ柄の半襟をつけていた
私にとっての長襦袢=乙女スリップですが
実は下半分を改造していました。

前回改造した乙女スリップは単衣の正絹長襦袢の
下半分とドッキングしましたが
今回はモスリンの古い長襦袢の下半分と合体です。

こちらがその画像になります↓

乙女スリップ改造マーク2

このモスリンの長襦袢も裾回り寸法が乙女スリップと
ほぼ同じだったので合体作業は楽でした。
ご愛用だった襦袢らしく裾にはガロンレースがついています。

正絹に比べると滑りは良くないですが
お洗濯は気軽にできそうです^^


このページのトップへ

プロフィール

*なな吉*

Author:*なな吉*
北海道札幌市在住。
キモノとロックが好きです。
ゲーム好きの夫とのんびり暮らしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ふだんキモノ (46)
小物とアクセサリー (13)
キモノコーデ (49)
おでかけキモノ (24)
キモノのあれこれ (38)
お知らせなど (24)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR