FC2ブログ

KIMONO DRIVE

紅葉の終わりに紅葉柄を着ました

ここ数日体調不良でした。
そうゆうお年頃なのでそうゆう時は無理せず焦らず
体調が回復するまで大人しくしていることにしています。

今日は体調が良くなったので近くのスーパーまで散歩して
終わりかけの紅葉を落ち葉舞う中見てきました。

そういえば今年は実家の工事などで落ち着かなくて
ゆっくり近所の紅葉を見ながらの散歩があまり出来ませんでした。

それに大好きな紅葉柄のキモノを着ていなかったなあと思って
室内でコーデ着用をしました。

紅葉小紋2019前

繻子地の黒い刺繍帯を合わせています。
帯揚げは山口呉服店で先月購入した紅葉柄入り。
帯締めはキモノの中の1色とリンクさせました。

刺繍帯は豪華で気分があがりますね。
お太鼓を自分で見ることは出来ませんけれど(^_^)

紅葉小紋2019後ろ

来年の秋はもう少しキモノが着られるでしょうか。
なにより元気でいられたらいいなあと思います。


スポンサーサイト



このページのトップへ

遅いのか早すぎるのか・・

日一日と紅葉が色づき、秋が深まっている札幌ですが
こんな時期に今更と言いましょうか、先取り過ぎといいましょうか
夏の薄物用のうそつき袖を作りました。

頂きものの晒があって、「これはうそつき袖に丁度良い!」と
水通しをしてアイロンがけはすましていたのです。
まだ夏のうちに。

が、そのあとの印つけて裁断という工程がどうにも面倒で
数か月ほおっておいた訳です。

先日お姑さんがミシンを出していたのを見て
「いましかない!」とやる気を絞り出しました。
自前のミシンが故障中(外国製なので修理を頼むのも大変)なため
縫い仕事はいつもお姑さんのミシンをお借りしているのです。

アンティークものは袖丈がまちまちなため一気にキモノ2枚分の
うそつき袖を作りました。
色気がまるでない画像で申し訳ないですけど、出来上がりです↓

うそつき袖2019

一応袖口側の縫い代は手縫いにしました。

袖口は手縫い

左右が区別しやすいように右袖側には赤い糸で印もつけました。

右袖の印

せっかく作ったので来年の夏には絶対これを装着したキモノを
なにがなんでも着用しよう!と堅く決心したなな吉です。

ところで晒って横寸がだいたい34~36センチくらいですよね。
袖幅が30~32センチの私だと縫い代が発生しますが
普通の方だと縫い代はできないのかしら。
それはそれで楽でいいなあと思いました。

このページのトップへ

小物のお買い物

先日銭函にお蕎麦を食べに出掛けた際の帰り
いつものお決まり「ビッグバン手稲店」に立ち寄りました。

もともと着物コーナーが充実しているお店なのですが
なにやら大量入荷があった模様でさらに充実していました。

いつもこのお店では小物を購入しているのですが
今回ももれなく(笑)小物を買ってきました。

市松柄の羽織紐と緑色の帯締めです。

BB手稲店で買った羽織紐と帯締

ミドレンジャーな私は緑系の帯締めを割と持っていまして
単色帯締めだけでも今回のお買い物で5本目です。

緑系単色帯締めーず

同じ緑でもいろいろですものねー。
まあ四十八茶百鼠ほどではないにしても。

このページのトップへ

天ぷら名人を求めて

先月銭函で新そばを食べたお店のメニューに
「木曜は天ぷら名人がおります」的な記述がありまして
そーれーは木曜日に再訪せねばね!と
昨日いつもの友人と意気揚々と出掛けてきました。

が、お店に着いてオーダーしようと
「あの~天ぷら名人は・・」と尋ねると
「あ!今はやっていないんです~」

・・・かなりがっかりしましたが、お蕎麦美味しく食べてきました。

そんな日のコーデは実は出掛ける15分前に
「そうだ今日はキモノで蕎麦紀行行こう」
と思い立った急ごしらえです。

ウールのキモノに半幅帯ですが
正絹の羽織を着たせいかなんだか華やかになりました。

20191024o

羽織なしだとほんとに普段着です。

20191024f

友人に自宅まで送ってもらいがてら、紅葉を見に寄り道しました。
自宅のある地区の市営の樹芸センターが紅葉で有名なのです。
ザ住宅街にある知る人ぞ知るという施設なのですが
なんと大型バスで(多分半島の)観光客がツアーで来てました。

わざわざ北海道まで旅行に来てこんな住宅街の中の市営の施設・・・
他に行くところがなかったんかい。。

でもね、紅葉はほんと綺麗なんですよ。

樹芸センターの紅葉1

樹芸センターの紅葉2

そして私は後ろ姿を盗撮されまくっていました。。。
いやこんなBBAを撮らんでも(あ、だから後ろ姿!)

樹芸センター秋

コーデの色合いが紅葉と馴染みすぎてもはや保護色・・・
にしても海老天食べたかったーーーー!!!

このページのトップへ

大人なコーデ(自分比)

本日で5日間連続更新です。どうした!?私。笑
やはり仕事をしていない時期は心と体に余裕が出ますね。
でもこの余裕もあと少しで終わりです。
来月はアルバイトをするのです。しかも残業の多い。。。

更新が途絶えたら「あ~仕事頑張ってるんだな」
と思ってくださいね。

さて、いつも年齢よりかなり若めなコーデをしてますが
たまには年齢相応なコーデもやってみようかな~と
チャレンジしてみました。

大人なコーデ前

濃い紫に群青色の縞がランダムに入っているお召に
笹蔓文様の名古屋帯を合わせました。
半衿は角通し、帯揚げは菊の模様入りの薄い抹茶色
帯締めはキモノの色にあわせて紫系にしました。

大人なコーデ後ろ

ああ・・大人ですね。
やれば出来ますね。

と安心してまたアンティークコーデをするんでしょうけど。
ほほ。


このページのトップへ

やっぱり買ってしまいました

昨日の祝日(と言っても無職だから毎日お休みですね)は
お姑さんにお願いして恵庭の山口呉服店の社長のいぬ間セールへ
連れて行ってもらいました。

前に山口さんへ行ったときに「う~ん・・・・好き!」と思った
アンティークのキモノがありまして
私にはちょっと裄が長めなのですが、あきらめきれず
半額になっているし、セール最終日に残っていたら
それはもう買わないという選択肢はないやろう(鶴瓶師匠?)
という気持ちで向いました。

するとサイズが小さいため当然の如く売れてはいなかったし
もう一度見てもやっぱり好きな気持ちは同じでしたので
頂いてきましたよ。
なにせ半額でしたもの。
そして早速試着したのです。笑

山口さんセールキモノ前

その前回山口さんに行ったときに購入した飛び絞りの帯揚げを
コーデに投入しています。
地が黒なのでさらにBBAになっても着られそうでしょう?
でも絣に見える部分をよく見ると可愛い花の地紋があるのです。

IMG_7183.jpg

おおう。なんたる可愛いさ。
ほとんど汚れもいたみもなくて絹は軽くて着心地は良いし
裄の長さもギリ許容範囲かなと思います。

合わせた帯は切り嵌めの名古屋帯です。
昔リサイクル店の催事の激安コーナーから発掘しました。

山口さんセールキモノ後ろ

ネットでのお買い物もとても楽しいですけれど
実物を手にしてのお買い物はやっぱり素材感とか
着たときの感じとか肌映りとかいろいろ分かるのがいいですね。

車を出してくれたお姑さんに感謝なのです。
(しかもそのあと道の駅でご馳走になったし^^)

このページのトップへ

姉が好きな薔薇を背負って

おはようございます。
本日は今年限りの祝日「令和天皇の即位の日」ですね。
札幌は良いお天気になりそうです。

先日春に亡くなった姉の納骨をいたしました。
納骨といっても昨今のお墓事情(引き継ぐ世代がいない)にうちももれなく
市の合同墓に入れて頂くため事務所に持っていくだけです。

お経は別な日にあげていただいたので喪服ではなく
木綿キモノと普段着を着ました。
でも一応喪な感じを出すべく白黒の市松柄です。

半衿、白にしたほうが良かったなあとあとから思いました。

納骨の日のコーデ前

姉は薔薇が好きでしたのでデコ薔薇の名古屋帯に
小物はこれまた姉が好きな色ピンク系にしました。
一応帯締めの房を下向きにしています。

納骨の日のコーデ後ろ

霊園事務所には結構合同墓に納骨の方がいらしていて
「やっぱり最近は多くなってきているんだなあ」と思いました。
そして皆さん普段着でした。
すれ違う年配の女性の私を見る目元が優しく
「いいですね、着物」と言われている気がしました。

帰り道で小腹が減ったのでセルフうどん屋さんに寄り
ぶっかけうどんを食べていましたら3、4歳くらいの男の子に
「どうしてそんなかっこうをしてるの?」と聞かれました。
どうして???
質問の意図が分からず、ちょっと間をおいてから
「おばちゃんはキモノを着るのが好きなの」と言いましたが
彼の質問の答えになってますかねえ。笑

このページのトップへ

やっぱり綺麗な色が好き

年齢的にはそろそろ落ち着いた色や地味目な色を
着用したほうがいいのかしらと思うのですが
ときどきすごく鮮やかな色が着たくなります。

なんかね、元気が出るというか肌映りも良くなって
イキイキして見える気がするのです(自分比)

そんな訳で昨日は手持ちのキモノの中でも
群を抜いて鮮やかな色の銘仙を着てみました。

20191020f

まあ鮮やかと言ってもアンティークならではのくすみがあって
現代ものの新品に比べたらやや沈んだトーンなので
微妙な年齢の女子(笑)でもなんとか浮かないのが有難いです。

20191020b

合わせたのは梅鉢柄の名古屋帯。
キモノはねじり梅だし、もうどんだけ梅好き。笑
帯揚げは帯の大きな梅柄に合わせた色に
帯締めはそれより濃い同じく緑系にしました。

今回のキモノ練習では半襟の角度がすごく好みにできました。
いつもこんな風に着られたらいいのですけど。

半衿成功

最近いい石鹸を使うようになってデコルテをアップで撮る勇気を
出せるようになりました。
もうね、顔の造作はどうにもならないですけど
せめて肌のお手入れは(ちょっとだけ)お金と手間をかけようと
思っているのです。
え?遅い?


このページのトップへ

帰ってきた市松キモノ

昨年、ネットショップ雅星さんのセールで70%オフで買って
10円玉大のシミがあったのでシミ抜きに出していたキモノを
シミ抜き屋さんから引き取ってきました。

身丈が自分の身長より10センチも長くて
後ろ幅も少しゆったりめで私には大きいキモノなのですが
この色の配置があまりに好きで買ってしまったのです。
しかも70%オフだったし。笑

幾何学柄の名古屋帯を合わせて試着しました。
小物で秋感を出してみましたよ。

20191019f

腰紐の位置を胸のすぐ下(ほぼ胸紐)にして着ましたが
それでも裾すれすれ。
タレ物ではなく紬系だからまだ着やすかったです。

後ろから見ても大き目なのがバレバレ。
背縫いの位置なんて腰から下、ほぼ右脇ですよ。笑

20191019b

まあでも江戸時代の庶民は古着のキモノを工夫して
着ていたというし、ある程度着用したのち
洗い張りして仕立て替えしてもいいかなと思っています。

こののちさらに年齢があがると身長縮みますしね。


このページのトップへ

ニコニコ繋がり(笑)

昨年の地震で私の実家は煙突上部が崩れ落ちてしまいました。
今月頭から始まったその修復工事が先週無事に終わり
本日はその代金の支払いをいたしました。
(実際に代金を出したのは母ですが)

昭和生まれの方ならご存知のフレーズ
「いつもニコニコ現金払い」にちなみ(本当に現金払いなので)
ニコニコ絣を着用しました(爆)

20191016f

赤いキモノに見えて実際の地の色は渋い草色です。
それに赤の細かい格子と唐草、白いぼかしは絣です。

雪輪と七宝の半幅帯は割り角出し結びにしました。

20191016b

あの世のともに10月生まれの父と姉が加勢してくれたのか
お天気に恵まれて工事はほぼ予定通りに行われ
破損した煙突はとても綺麗に直りました。
これで母が一酸化炭素中毒になる心配がなくなりほっとしています。
もーういつ雪が降っても大丈夫!

いえ、まだまだ雪は降ってほしくないですけど。。。

このページのトップへ

プロフィール

*なな吉*

Author:*なな吉*
北海道札幌市在住。
キモノとロックが好きです。
ゲーム好きの夫とのんびり暮らしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ふだんキモノ (54)
小物とアクセサリー (15)
キモノコーデ (54)
おでかけキモノ (25)
キモノのあれこれ (42)
お知らせなど (28)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR