FC2ブログ

KIMONO DRIVE

たまには白い半衿で

いつも柄のある半衿ばかり使っていますが
別に白い半衿が嫌いなわけではありません。
お肌がクリアではないお年頃なので
どうにも白い半衿が浮いてしまうというわけで・・・

でもこのコーデでは白い半衿にしたくなりました。

補色コーデ前

市松キモノの紫色の補色にあたるオレンジ色の刺繍名古屋帯
辛子色の帯揚げは先日チカホ出店の彩時嬉さんで購入したもの
帯締めは辛子と紫のリバーシブルで紫をメインに使いました。

補色コーデ後ろ

繻子地の刺繍帯はいいですねえ。
だいたいどのアンティーク着物とあわせても合います。
このオレンジ帯に黒・緑・赤の繻子地刺繍帯を持っていますが
次は黄色地か水色地のが欲しいなあと思っています。

スポンサーサイト



このページのトップへ

染めのキモノに染めの帯

この土日が終わったら週明けから仕事が始まります。
もともと早起き体質なので(いつも5時起き・・)
朝起きて支度して仕事に行くのは苦ではないのですが
好きなときに昼寝できないのはつらいですなあ。

さて、話は変わり、よくキモノ関係の本に
「染めの着物には織りの帯
織りの着物には染めの帯をあわせましょう」
的なことを書いてますね。

でも私はあまり気にしないで織りのキモノに織りの帯とか
あわせています。
で、本日は染めのキモノに染めの帯をあわせました。

20190330f

色が秋っぽくてあれですけれど
柔らかな小紋に縮緬の染め名古屋帯です。
帯揚げは帯のなかの焦げ茶に見える濃い紫に
帯締めは半襟とあわせて赤系にしました。

20190330b

いろいろ戦後の呉服業界?が作ったと思われる
キモノ都市伝説があるため
「こんな着方をしていたら怒られる」とか
「キモノの決まりごとが分からないから着られない」とか
キモノへのハードルをあげまくっているように思います。

祖母のゆる~いキモノ姿を見て育ったおかげで
私はキモノ沼にはまったあとにそういうのを知りましたが。

見ている人に不快感やそれじゃない感をあたえない
その人らしいキモノ姿だったらいいんじゃないかなあと
思っています。
でも、私はどうなのかしら~?
大丈夫かしら~?
と時々不安になります。笑

このページのトップへ

この春最後のレンコン梅

というか、まだ春になっていませんけど札幌。。
もう毎日朝起きると見事な雪景色ですよ。
東京では桜が満開って言っているのになんすか。

梅も桜もゴールデンウイークに咲く札幌ですが
さすがに5月に梅の帯ではあれでしょうということで
レンコン梅を使ったコーデも最後です。

最後なので写真もいつもより大き目です。

平成最後のレンコン梅前

キモノは縞のお召です。
いつもレンコン梅と合わせて使う梅の半襟と
その半襟に合わせて使う帯締め・帯揚げです。
キモノ以外は赤・水色・白という組み合わせです。

平成最後のレンコン梅後ろ

少し帯位置が下がってしまいましたが
お太鼓は綺麗に作ることが出来ました。

も~ついでなので羽織も着て写真撮りました(ヤケクソ)

平成最後のレンコン梅羽織

キモノも羽織も暗めの色なので羽織の間から見える
帯周りや半襟の赤・水色・白がくっきり鮮やかですね。
年齢を重ねてもこういうコーデはいいかなあと思いました。

ところで今新元号がなにになるか話題ですね。
発表は4月1日のお昼ということで、職場にいる私は
ネット環境もモバイルもないので多分人づてに聞くでしょう。
書きやすくて(これ本当大事!)吉感ある元号だといいなあと
思います。

このページのトップへ

自分とは違うけれど

先日夫とリサイクルショップめぐりをしました。
主な目的は夫のレトロゲームソフト探しですが
キモノを扱っているお店では私も色々物色しました。

キモノは買いませんでしたがキモノ本を買いました。

十人十色の着物がたり

主婦と生活社刊行です。
同じ出版社発行の「安心の着物あわせ」という本も
持っていてそれの続編的なものかと思いましたら
こちらの本のほうが先でした。

タイトル通り、まさに十人十色の着物がたりで
それぞれ着物との出会い、選び方、付き合い方、
またその着物も違いますが
「着物が好き」という気持ちは十人一色でした。

結城紬や大島、久米島紬など大人にふさわしい
品のあるキモノ姿の方々ばかりで
素敵だなあと思いました。

本の下の布は紅型染めの羽織です。
私が初めて自分で買ったリサイクルのキモノで
買ったときは小紋でしたが、長く着られるように
羽織に仕立て替えしていただきました。

しばらく着用する機会がありませんでしたが
この春は着たいなあと思っています。

このページのトップへ

ニセ店員用コーデその2

ここ最近割と地味目なコーデが続いています、当ブログ。
年齢的には相応なのですが、つまらない。。
それに地味なものはいつでもいくつになっても出来ますからね~

本日のコーデは赤紫系で少し派手目?
先日のニセ店員用に考えていたもう一つの候補です。

縞のキモノと梅の帯前

彩時嬉さんのニセ店員になるのだからと
以前チカホ出店時に購入した紋錦紗のキモノに
梅鉢柄の名古屋帯
ターコイズの帯揚げも彩時嬉さんのものです。
しかも小樽のお店で見かけて気になっていたのを
チカホ出店時に持ってきていただきました。

襟の抜き加減がうまくできました。
試着ですけど。

縞のキモノと梅の帯後ろ

お天気があんなに悪くなかったらこのコーデで
お出掛けするつもりでした。
別な機会に着られたらと思います~


このページのトップへ

平成最後のプー期間最終週

なんだかよく分からないタイトルですけれど要するにあれです。
今週で無職期間が終わりますということです。
無事4月からのお仕事が決まったので。

9月末までの半年間、フルタイムで働くので
またブログの更新が週1くらいになるかもですが
キモノ練習はなるべくしたいと思っています。

結ばない帯結びコーデ、正絹のキモノでもやってみました。

結ばない帯結びその2前

色使いをブルー系とモノトーンにしぼったので
帯の花の色が際立ってみえますね。地味な色なのに。

結ばない帯結びその2後ろ

簡単で楽な帯結びですが、後ろ姿が少し残念。。
お出掛け時には羽織物が必須かもですなあ。

このページのトップへ

友人宅での女子会

今日も冬のように雪と風で寒い一日でした。
いったん気温15度くらいを体験したあとのこの寒さは
真冬より体にこたえます。

そんな本日、昨年新居に引っ越した友人宅(マンションの最上階!)
へ同じ職場の友人と遊びに行って楽しいひと時を過ごしてきました。

悪天候に強い銘仙とウールの名古屋帯というコーデです。

20190324f

帯揚げ・帯締めは黄土色で統一しました。

20190324b

友人宅では食べ飲みすぎてお腹がいっぱいになり
途中からはキモノを脱いで襦袢姿でくつろぐという
素敵ミセスからは程遠い所業に及びました。。。

もちろん帰宅時にはちゃんとキモノを着直して
帯も締め直しましたよ。
ただその際、帯の輪部分を上にして巻いてしまいましたけど。
。。。

このページのトップへ

ニセ店員のお買い物

朝起きたら一面の雪景色。。。
つい先日ニュースで「札幌積雪が0になりました」って
聞いたはずなのに。なのに。なのに。春なのに。

昨日小一時間、チカホの彩時嬉さんブースでニセ店員を
していましたが、ちゃっかり自分の買い物もしました。
春色の帯揚げと帯締めです。

帯揚げ・帯締め

この帯締め、あちこち糸の飛び出があったため激安でした。

帯締め補修前

ね?ちょこちょこ出てますよね。
でもね、ちゃんとこの糸をしまえる技を知ってましたので
処理しましたよ~

帯締め補修後

ほ~らほとんど分からなくなったでしょう?
使用したのは勿論こちら、みすや針の「ほつれのん」です。
(画像はお借りしました)

ほつれのん商品

ほつれのん説明

にしてもこの針の名前の「ほつれのん」って
小林製薬かっていうネーミングセンスですよね。笑

このページのトップへ

大荒れの中、ニセ店員出動

冬将軍、最後の大暴れのような天気の本日
予告通りチカホの彩時嬉さんにニセ店員として出動しました。

吹雪でもあったので濡れて縮んでもかえってラッキーな
着丈の長いお召のキモノにレンコン梅の名古屋帯
帯揚げはキモノの柄のグレーに合わせ
帯締めは多色使いのものにしました。

ニセ店員コーデ3月前

このキモノはいつも悪天候の時に着ています。
柄の変わり水玉が雹のようにも見えますよね。

お太鼓は上のラインが綺麗にまっすぐに出来ました。

ニセ店員コーデ3月後ろ

チカホに出店していた他のお店の方々から
「帯すごく可愛い」とお褒めいただき嬉しかったです。

彩時嬉さんブースでは若くて綺麗なお客さんに
小花柄の小紋と化繊の半幅帯を買っていただき
思わず「結ばない帯結び」をアピールしてしまいました。
自分だって最近知ったばっかりなのに。笑

彩時嬉さんは来週の26・27・28もチカホに出店されます。
次回は赤レンガテラス下ですよ~

このページのトップへ

春の大島コーデその2

今日の札幌は午後から雨でなんだか寒い一日でした。
最高気温が10度を超えているので真冬の一日中氷点下に
比べるとうんと暖かいはずなのにすごく寒く感じます。
不思議ですね。

さて、予告通り昨日に引き続き春の大島コーデで
帯締め・帯揚げをグリーン系にしたものです。

春の大島と市松帯前

帯は市松柄が入った名古屋帯です。
帯揚げは無地の縮緬にスワトウ刺繍が入っています。
見えていませんが。笑
帯締めは半分が無地で半分がドット柄です。

春の大島と市松帯後ろ

お太鼓の柄出しにちょっと失敗。
そして背中のシワ・・・
このページのトップへ

プロフィール

*なな吉*

Author:*なな吉*
北海道札幌市在住。
キモノとロックが好きです。
ゲーム好きの夫とのんびり暮らしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ふだんキモノ (47)
小物とアクセサリー (14)
キモノコーデ (49)
おでかけキモノ (24)
キモノのあれこれ (39)
お知らせなど (24)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR